尾瀬ハイキングなら老神観光タクシー・バスが便利です。

お問い合わせ電話番号0278-56-3222

老神温泉

GOING TO OZE HIKING ONE POINT ADVICE

尾瀬ハイキングに行く前のワンポイントアドバイス

1服装

冬季以外の尾瀬では、服装は専用の登山用品である必要はありませんが、機能に優れた専用の服装をうまく着こなせれば快適です。
服装を準備するイメージは、東京より約15度寒いと考えるといいでしょう。

季節を問わない必須アイテム

●レインウェア
機能にこだわったものを用意したほうがなにかと便利です。
●長袖・長ズボン
ハイキングの衣類は真夏でも基本は長袖・長ズボン。
●シューズ
鳩待峠から尾瀬ヶ原への日帰りなら木道が整備されているので、晴れていれば履きなれた非登山用シューズでも問題ありません。 しかし、ひとたび雨が降ると事態は一変します。 木道はツルツル滑ります。 こうなるとサポートのしっかりした登山用がおすすめです。 しっかり踏ん張れるし多少の雨や水たまりなら浸水しません。

季節に応じて必要になるアイテム

●フリース
5月下旬から水芭蕉の季節には、尾瀬にはまだ雪が残っています。
手袋代わりに軍手があればなお良し。
●帽子
尾瀬には日陰はありません。
風に飛ばされないような登山用の帽子がいいですね。

2尾瀬での主なマナー

  • ①湿原へは絶対立ち入らない
  • ②歩行は「右側」「登り優先」「禁煙」
  • ③トレッキングポールにはキャップを付けて
  • ④ペットの持ち込みは禁止
  • ⑤石鹸・シャンプーは禁止
  • ⑥トイレはチップ制
  • ⑦ゴミは持ち帰り
  • ⑧植物の種子は持ち込まない・持ち出さない

花の見ごろ

季節毎に様々な花を咲かせる見ごろをご紹介。

春の花

  • ミズバショウ
    ミズバショウ
    さといも科、5月~6月、尾瀬ケ原、尾瀬沼
  • アズマシャクナゲ
    アズマシャクナゲ
    つつじ科、6月、林内

夏の花

  • カキツバタ
    カキツバタ
    あやめ科、6月~7月、尾瀬ケ原、尾瀬沼
  • ニッコーキスゲ
    ニッコーキスゲ
    ゆり科、7月、尾瀬ケ原、尾瀬沼

至仏山に咲く花

  • シナノキンバイ
    シナノキンバイ
    きんぽうげ科、6月~7月、尾瀬沼、至仏山周辺、至仏山
  • ユキワリソウ
    ユキワリソウ
    さくらそう科、7月、至仏山

尾瀬に咲く花

  • ヒオウギアヤメ
    ヒオウギアヤメ
    あやめ科、6月~7月、尾瀬ケ原、尾瀬沼、至仏山
  • ハクサンイチゲ
    ハクサンイチゲ
    きんぽうげ科、6月~7月、至仏山

おすすめ観光スポット

季節毎に様々な表情を見せる、人気の場所をピックアップ。

  • 至仏山
    至仏山
    お馴染み水芭蕉と至仏山、皆が撮るので難しいです。
  • 尾瀬ヶ原
    尾瀬ヶ原
    研究見本園の水芭蕉は遅く咲くので、霜の被害が比較的ありません。
  • 燧ヶ岳
    燧ヶ岳
    ヒツジグサと燧ヶ岳。
  • 尾瀬ヶ原
    アヤメ平
    研究見本園の水芭蕉は遅く咲くので、霜の被害が比較的ありません。